ハチミツの美容

天然の甘味料として知られているハチミツですが、美容や健康の面から見てもとても優れた食品であるということをご存知でしょうか?
美容としてももちろん、健康効果もあるため毎日の砂糖代わりに利用してみましょう。

カロリーが低く太りにくい

女性にとって一番嬉しい効果は、砂糖と比べるとカロリーが4分の3程度になることです。
それなのに甘さは1.5倍ほどあるのですから、少量を料理やスイーツなどに入れるだけで、より甘さを感じることができるのです。

例えばハチミツ100gで換算すると約294 kcalとなります。
おさじ1杯では62 kcal程度で、砂糖1杯では35 kcalです。
重さで考えると断然ハチミツのほうがカロリーがあるように感じますが、同等の甘さで考えれば4分の3程度に抑えられるというわけです。

また、ハチミツは砂糖と比べると血糖値が上がりにくいため、脂肪となる量も少なくダイエット中の方、美容に気を使う方ならハチミツを選ぶようにしましょう。

ハチミツを食べるなら特に寝る前に適しています。
運動を加えなくても成長ホルモンが生成しやすく、体脂肪を燃焼するサポートになります。

賞味期限なしのスゴさ

ハチミツはそれ自体に殺菌力を持っているため、常温保存でもほぼ賞味期限がありません。
保存食の代表的なもので、古くから甘味料として広く使われてきました。

何年も経過したハチミツでも問題なく食べられ、成分が変質したり味が変わることはありません。
ただし高温にさらされると多少味が落ちるため、冷暗所に保管しておけば問題がないといえるでしょう。

幅広い美容に使えるハチミツ

ハチミツは保湿、収れん作用、炎症作用などの効果が期待できます。
そのためスキンケア商品にハチミツが含まれていたり、手作りスキンケアとしても多く活用されています。

そのままのハチミツを唇に塗り、ラップを貼り保湿力を高めてください。
乾燥が酷い時には顔全体に塗りハチミツパックにしても良いでしょう。
毎日のスキンケアとして使うなら、手持ちの化粧水や乳液・美容液などにハチミツを1滴入れると保湿力がアップします。

また、無添加石鹸を細かくし、100gに対し大さじ1のハチミツを加え、湯煎にて溶かしてください。
それを清潔に洗った牛乳パックの空き容器に入れ、流し固めれば手作り石鹸が出来上がります。
香りを付けたい場合はエッセンシャルオイルを1滴垂らせばよく、ハーブ石鹸となります。

ほかにもあるハチミツの健康効果

ほかにもミネラルやビタミンにより疲労回復効果、グルコン酸による整腸作用、糖を分解する作用、ポリフェノールによりがんを防ぐ、殺菌力で風邪予防などに活用できます。
ただしボツリヌス中毒の危険性があるため1歳未満の乳児には与えないようにしてください。