スタイリングのコツ

スタイリングってどうやるの?

いくらサラサラの髪でも、何のスタイリングもなく外に出るということはありえません。
きちんとスタイリングをして、初めて美しい髪ができると考えて下さい。
実は、スタイリングのやり方にはいろいろな方法があるもの。
まずは、その中から一部の方法に関してご紹介をしてみたいと思います。

まず、女性が巻き髪をするためのスタイリングについて。
最初に注意したいのが、巻き髪というのはきちんと「巻き髪専用のカット」をしておかないと実現できません。
事前に美容院に行き、「こういう髪にしたい」ということを伝えると、思い通りの髪にするために切ってくれます。

まずは、美容院側にきちんと伝えることが大事というわけですね。
できれば、巻き髪をしやすいように軽くパーマをかけておくとベストです。

そこまでやったら、カーラーをつかって髪を巻きます。
この時、きちんとカールをするようにスタイリング剤を使うのがポイント。
ちゃんと巻き髪をするためのスタイリング剤が販売されていますので、それを使ってスタイリングをしてみて下さい。
カーラーではなく、ヘアアイロンを使う人もいますが、ヘアアイロンを使う場合も必ずスタイリング剤が必要になります。
きれいな巻紙を作るために、これらのものはきちんとそろえる様にしてください。

ポイントを押さえる

髪の巻き方はどうスタイリングするかによりますが、巻髪の場合はふんわりといろいろな方向に巻いていくことがポイント。
ただ、ヘアアイロンやカーラーで作った髪だときちんとカールしすぎてしまいますので、それを防ぐためにスタイリング剤を使って崩します。
この時、ロングヘアならロングヘア専用のスタイリング剤、ショートヘアならショートヘアをつくるためのスタイリング剤を作る様にしてくださいね。
カールをきちんときれいにみせるなら、ワックスを手でもむようにして髪につけてあげること。
こういった工夫をすることで、きれいな髪をつくることができますので、やってみて下さい。

ポイントは、自分の髪に合ったスタイリング剤を選ぶこと。
スタイリング剤の選び方でスタイリングが変わることもありますので、きちんと実行することができるようにしておくと良いでしょうね。
自分に合ったスタイリング探しが一番大変ですが、インターネットで口コミをみたり、新製品情報を集めたりして、お気に入りを見つけてみて下さい。
毎日のスタイリングは最初は大変ですが、慣れれば簡単にできる様になりますよ。