NGシャンプー

髪のことを一番知っている美容師のプロは、市販のシャンプーの中で、コレだけは使わないという商品があるのです。
香りやデザインだけで決めてしまうシャンプーですが、本当に髪の健康を考えるなら中身で勝負です。
市販のシャンプーでNGとなる商品のタイプを紹介します。

石鹸シャンプーはダメ

頭皮にも優しく健康中身が作れそうで、無添加の商品も多く登場しているため一見良いシャンプーに感じられます。
なぜ悪いのかは意外と知られていません。

石鹸シャンプーはアルカリ性のため、髪のキューティクルが必要以上に開いてしまいます。
石鹸シャンプーをした後は髪がぎしぎしとしてパサ付きやすいのもこのためです。
また、通常のシャンプーより洗浄力を高めるために量を必要とし、洗い流しが不十分だと石鹸カスが残り洗い上がりはあまりよくありません。

石鹸シャンプーは裏の表示を見てみると、石鹸素地や脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウムが記載されています。
これらの商品に保湿剤や保存料が含まれている物が多く、中には石鹸素地のみの無添加シャンプーもあります。
成分表を見れば石鹸シャンプーだとわかりますから、パッケージを良く見てから購入しましょう。

頭皮への害が心配されるラウリス・ラウレス硫酸塩シャンプー

市販のシャンプーの殆どがこのタイプです。
洗浄力が高くさっぱりと汚れを落としてくれますが、その代わり皮脂を取りすぎて常在菌まで洗い流します。
その結果フケ、痒み、頭皮の荒れなどが起こります。
シャンプーで毎日洗っているのに痒い、フケが多いのはこの成分の影響です。

この成分はシャンプーの中でも最も避けるべき成分です。
界面活性剤として多く配合され、安価で作れるためドラッグストアなどで買える安いシャンプーのほとんどはこれだと考えておきましょう。

殺菌力がありすぎるシャンプー

頭皮の痒み、フケ対策、抜け毛予防のシャンプーでよく見られるのがこのタイプです。
殺菌力が高いということは、同時に頭皮のコンディションを整える常在菌まで洗い流します。

一時期炎症や抜け毛は治りますが、頭皮は無防備な状態となり逆に頭皮の状態が悪くなります。
常在菌はフケ、菌などを食べてくれる良い菌ですから、必要以上に除菌する必要はないのです。
顔にも常在菌や皮膚の健康に必要な皮脂があり、洗いすぎにより肌荒れが起きているのです。

頭皮に優しい?アミノ酸シャンプー

石鹸シャンプーや市販のシャンプーと比べると洗浄力が弱く、体の主成分と同じアミノ酸ですから優しく洗い上げられます。
ただし泡立ちが悪い、価格が高いなどのデメリットはあります。
洗浄力が弱く頭皮の汚れが残ると頭のニオイを感じる人も多くいます。

2度洗いで洗浄力の弱さはカバーできますが、その点高価なため費用が気になるとはいえます。
価格に問題がなければ頭皮や髪に優しく、2度洗いで殆どの汚れはカバーできますから、頭皮や髪のことを考えるとベストなシャンプーです。