月並みだけどサイトを作る

知ってもらう

これも凄く基本的なことなのですが、もし「自分の美容室のサイトを持っていない」という人がいたら、絶対に作った方がいいと思います。
仮に美容室のサイトを持っていたとしても、ちゃんと「お客さんが見るもの」として、作りこんだものを用意した方がいいです。
なぜなら、サイトというのは美容室にとってこれ以上ない宣伝になるものだから。
美容室の中には、ショップ看板など目立つ部分にサイトのURLを記載したり、店頭に店の案内を描いたはがきやチラシをおき、そこにやはりURLを書いているところもあります。
このくらいするほど、美容室にとってサイトは大事な宣伝方法です。

「ナレコムモバイル」と呼ばれる、携帯やスマホを使ったサイトづくりを請け負う企業でも、サイトの重要性を訴えています。
ナレコムモバイル:美容院・理容院

近所に新しく美容室ができると、近隣の住人は色々な興味を持つもの。
だけど、外からだと「どういうサービスをやっている美容院なのかわからない」「料金がわからないのは不安だ」「美容師は何人いて、男女どちらなのか」という情報が伝わりにくいため、中に入るのを躊躇してしまう人も多いとか。
外に料金などの情報を張り出しておくという方法もありますが、これだけでは伝わりにくいことも多いですよね。
だからこそ、ホームページを充実させることで、必要な情報を公開するのです。

お店紹介に

実際に美容室のサイトを見てみると、「どんな従業員がいるのか」「サービスの価格」「他の美容院と異なるサービスは何か」について、きちんと記述しているところが多いです。
また、お客さんが良くチェックするのが「キャンペーン」ですよね。
美容室の中には、サイト上に限定クーポンのサービスを付加しているところも多いです。
「サイトを見たといえば割引料金でカットする」などのサービスですね。

今は、なるべく安い料金で切ってもらいたいと考える人が増えていますから、クーポンがあれば人目を惹きます。
あとは、限定キャンペーンですね。
誕生日がある月や、こちらが指定した日にちのみ安い料金でカットをしてもらうことができるサービスなど、できるキャンペーンはやってみましょう。
もちろん、無理のない範囲でやることが重要です。

こういった方法でサイトを充実させることができれば、顧客をゲットすることにつながる可能性が高くなりますので、ぜひ挑戦してみてください。
サイトを作るときは、「他の美容室がどんなサイトを作っているのか」をチェックすることも重要です。