障害者向けの美容プラン

皆のお洒落

障害がある人だって、おしゃれや美容をあきらめる必要はありません。
今は、そんな「障害者のおしゃれ」を支援するさまざまなサービスが実施されており、度々ニュースで紹介されるようになっています。
美容業界にとっても大きな変化である、このニュースについて取り上げてみましょう。

まず、障害者向けのヘアメイク教室の開催。
こちらもニュースで取り上げられたので、見た人も多いかもしれません。
Charedo:視覚障害者のメイクレッスン「ブラインドメイク」
これは、「色がわからない」「口紅を塗ったり、眉を描いたり、という作業がうまくいかない」という人に対して行っているレッスン教室。
ちゃんと公式サイトもあります。
>>>ケアメイク・リハビリテーション協会

障害がある場合、人にメイクをしてもらうという手もあります。
だけど、人に頼んでそれを行うのではなく、自分の手で美しいメイクを施して、初めて意味があるのではないでしょうか。
自分でメイクをすることができれば、好きなときにメイクをして外に出ることができます。
特筆しておきたいのは、ここでは「化粧訓練士養成講座」というものも行われていること。
「ケアメイク」というものの存在を全国に広めていくために、この様な養成講座を行っています。
この講座を受けるにはいくつかの条件がありますが、今後サロンでこの様なサービスを始めたいと考えている人がいたら、この講座は何よりも心強いものになるでしょう。

着物サロン

また、着物を着せるサービスを行っているサロンもあります。
何かの記念に残る日には、着物を着用して写真を撮りたいと思うこともあるはず。
そんな時、着物を着せてくれるサービスを行っている美容室があります。
美容室シャロン:高齢者サポート
車椅子の方、寝たきりの方でも気軽に利用することができるサービスですので、「この日は着物を着たい」という希望がある人は、ぜひここを利用して着用してみてほしいですね。
このサロンではヘアカットサービスも行われています。

こうした「高齢者や障害者に対するサービス」は、日々広がりを見せつつあります。
先日は、香川県にて学生たちの障害者を対象とするメイク・ネイルサービスが実施され、話題となりました。
香川ニュース:聴覚障害者招きメークやエステ

美容室でも、高齢者や障害者に対するサービスが当たり前の様に行われています。
こういったサービスを提供することで、美容室側も得るものが大きいのかもしれません。
障害者向けのサービスを提供したいと考えている人にとって、これらのニュースはとても参考になると思います。