髪によい食べ物の紹介

食べ物でケアするって大事

「ケア」というと、どうしてもシャンプーやトリートメントのことを連想してしまいますよね。
もちろん、これらを使ってケアをすることはとっても大事なこと。でも、きちんといいものを食べて髪をケアしていくということも大切なのではないでしょうか。人間の体は、口から入るもので作られます。もしあなたが「健康」に気を配るのであれば、きちんと口から入る食べ物に気を配り、食べることを心がけてみませんか?体の健康は髪の健康にも直結しますので、ぜひとも「食べ物でケア」「髪にいいものを積極的に摂取する」ということを心がけてみて下さい。

じゃあ、どんな食べ物がいいの?

そこで気になるのが、「どんな食べ物が髪に良いのか」です。
実は、この前「髪にいい食べ物ベスト10が発表され、世間をにぎわせたところです。
この結果によると、なんと一位は「卵」。ワカメなどが髪にいいことは知られていますが、卵が髪にいいってちょっと驚きですよね。実は、卵には髪に良いといわれる栄養素が全部詰まっているそうです。髪にいいだけでなく、頭皮を健康に保つ成分も含まれているそうなので、積極的に摂取したいもの。

しかし、卵はタンパク質でもありますので、あまり摂取しすぎても体を壊す原因になってしまいます。
食べるとしても、一日に一個くらいを目安にしておくと良いでしょう。
そして、2位はナッツ。

これは「なんとなく解る」というひとも多いと思います。
なんと、ナッツはどんなナッツを食べるかで効果が違ってくるそう。たとえば、クルミであればコンディショナーの役割を果たしてくれます。カシューナッツやアーモンドは、なんと脱毛に効果があるそう。
自分が求める効果を狙って、ナッツを選んでみるといいかもしれませんね。
そして、3位は意外なことに牡蠣。
牡蠣は白髪を防いでくれる成分が含まれているので、白髪に悩んでいるというひとは積極的に摂取したいですね。

でも、基本はバランスのいい食事

ここまでいろいろと書きましたが、結局は「バランスのいい食事が体の健康をつくる」ということになります。
髪に良いからと言って、あまりにも偏った生活をすればそれはそのまま髪にダメージとして跳ね返ります。そういったことを防ぐためにも、「バランスのとれた食事を心がける」ということを大事にしましょう。
ただ、普段の食生活の中にさりげなくこれらの食事を入れてみるというのはいいでしょう。
健康的な生活をおくることができる様に工夫した食生活をすること。まずはこれが一番です。